Cardano ADA

【SundaeSwap】とは?Cardanoプラットフォームの分散型取引所!

近々リリース予定のCardanoプラットフォームの分散型取引所、SundaeSwap。

この記事では、SundaeSwapについて、現時点で分かっていることについてまとめております。

詳細が分かり次第、記事を更新予定です。

SundaeSwapとは

SundaeSwapは、Cardanoコミュニティが待ちに待った、Cardanoプラットフォームの分散型取引所です。

SundaeSwapの登場により、Cardano上で作成されたネイティブトークンとADAの交換が可能となります。

ADAはこちらで購入できます↓

Bitpoint

また、SundaeSwapは、独自トークン「Sundae」を発行しています。

ETH(イーサリアム)チェーンのUniswapや、BSC(バイナンススマートチェーン)のPancakeSwapの独自トークンも大きく値上がりしたため、Sundaeも同様に値上がりが期待されています。

 

2021/12/04追記

2021/12/06(日本時間)より、テストネットでSundaeSwapが稼働することになりました。

独自トークン「Sundae」の入手方法

現時点で「Sundae」の入手方法は以下のように発表されています。

ISO(Initial Stake Pool Offering)

②SundaeSwapまたは他の取引所でのスワップ

③プロトコルへの流動性の提供

現時点(2021/11/21時点)では「Sundae」を取得することはできません。

今できることは、ISOが実施されるStake Poolに委任先を変更することくらいかと思われます。

※ISOとは、Initial Stake Pool Offeringの略称で、該当プールにステーキング委任してもらい、委任者にADAの代わりに独自トークンを配布することで資金調達を行います。ただし、今回のISOの場合、SundaeSwapは、既に資金調達に成功しているため、委任者はADAとSundae両方を報酬として受け取ることができます。

今回のISOはCardanoコミュニティの投票によって、対象のStake Poolが選出されています。

ISOに選出されたStake Poolには、委任が殺到する可能性があります。

その場合、Poolの飽和度によっては、ADAの報酬が減ってしまう可能性があります!

ISOの期間については、まだ発表されていないため、公式からの発表待ちとなっています。

まとめ

現時点では、SundaeSwapについて分かっていることが少ないため、詳細が分かり次第記事を更新していきます。

Cardanoプラットフォームの分散型取引所ということで、かなり期待できるプロジェクトだと思うので、僕はISOに参加する予定です。

みなさんもよければ参加してみてください。

 

ABOUT ME
Shota
Shota
2017年末から暗号資産に投資してます。 推し通貨はADA(Cardano)です。 主に暗号資産について情報発信していきますので、よろしくお願いします。