Cardano ADA

【CardWallet】について解説!あらゆる機能を持つ多機能型ウォレット!

CardWallet

この記事では、【CardWallet】をご紹介します。

Cardanoエコシステム期待のプロジェクトですので、ぜひ最後までお読みください。

CardWalletとは

CardWallet

CardWalletは、Cardanoプラットフォームの多機能型ウォレットです。

暗号資産の保管はもちろんのこと、暗号資産のスワップやADAのステーキングなど、様々な運用をこのウォレット一つで完結できます。

さらに多くのプロジェクトと提携しており、他のプロジェクトのプロダクトにCardWalletを連携させることが可能で、CardWalletを通してDeFiなども扱うことができます。

 

またCardWalletでは、独自トークン「CW」を発行しており、後述しますが、CWを保有することで大きなメリットがあります。

CardWalletの特徴

CardWalletには以下のような特徴があります。

※開発途中でまだ未実装のものも含みます。

多種多様なトークンを保管できる

CardWalletでは、Cardano銘柄のトークンはもちろん、ETHトークンの多種多様なトークンを保管できます。

CardanoにはERC20コンバーターがあり、トークンがCardanoチェーンとETHチェーンを互いに行き来できるため同じ名前のトークンでもCardanoチェーンとETHチェーンのトークンが存在しますが、それらを区別して保管することも可能です。

通貨をスワップできる

CardWalletでは、Wallet内でスワップ(通貨の交換)が可能です。

ウォレットで保管している通貨を取引所に送金したり、DEX(分散型取引所)に接続したりすることなく、スワップができる画期的なウォレットです。

ADAを委任してステーキングできる

CardWalletでは、自分で委任するプールを選択して、CardWalletから直接ステーキングすることが可能です。

独自トークンCWをステーキングするとメリットがある

独自トークンCWを保有しステーキングすることで、CardWalletで通貨をスワップする際の手数料が割引されたり、ADAをステーキングする際の利率が増加したりというメリットがあるようです。

まだ発表されていないメリットもあるかもしれないので、かなり注目です。

ユーザーインターフェースがシンプルで使いやすい

CardWalletは、誰もが感覚的に使いやすいように、シンプルに設計されています。

それでいて、かなり多機能なWalletですので、開発が進めばCardanoエコシステムの主流ウォレットになるかもしれません。

まとめ

CardWalletいかがでしたでしょうか?

まだ開発中ですので、改善点もあるでしょうし、これから追加される機能もあると思います。

ETHで言うところのメタマスクにもなりえるウォレットだと思うので、要注目です。

 

ABOUT ME
Shota
Shota
2017年末から暗号資産に投資してます。 推し通貨はADA(Cardano)です。 主に暗号資産について情報発信していきますので、よろしくお願いします。