Airdrop

暗号資産取引所【MEXC】について解説!独自トークン【MX】は保有メリットがすごい!

MEXC

この記事では、今大注目の暗号資産取引所、MEXCをご紹介します。

MEXCは独自トークンMXを発行しており、大きな保有メリットがあります。

また、上場している銘柄もかなり多いので、これから伸びる通貨と出会える可能性が高いです。

 

MEXC口座開設はこちら↓

MEXC公式

MEXC概要

MEXCは、シンガポールを拠点とする暗号資産取引所で、2018年に設立されています。

2021/10/5時点で、700を超える通貨が上場しており、あなたがお探しの通貨も見つかる可能性が高いかと思われます。

また、PoSマイニングやDeFiなどのサービスも展開しており、トレード以外でも利益を上げられる取引所となっています。

特に独自トークンMXを保有するメリットはかなり大きいので、おすすめです。

※詳細は後述します。

独自トークンMXの保有メリット

MEXCが発行する独自トークンMXには、以下のような保有メリットがあります。

新トークンのステーキングに使用できる

MXは新トークンのステーキングに使用できます。

MXを保有してステーキングすることで、MEXCに上場するトークンを無料で手に入れることができます。

投票に使用することで、トークンを無料で手に入れられる

MXを投票に使用(短期間ロック)することで、無料でトークンを手に入れることができます。

MEXCによる買い戻し&Burn

MEXCでは、毎月MXの買い戻しとBurnが行われています。

これにより、価格の維持・上昇が期待できます。

現物取引の取引手数料割引

MXを保有することで、現物取引時にかかる取引手数料が割引されます。

頻繁に取引する方にとっては、大きなメリットとなります。

PoSマイニング

MEXCでは、暗号資産をロック(一定期間、移動や取引ができなくなること)することで、PoSマイニングを行うことができます。

これを活用すれば、トレードが苦手な方でも資産を増やすことができます。

 

2021/12/18時点でPoSマイニングできる銘柄は以下となっています。

  • HYDRA
  • KSM
  • DOT
  • BTC
  • EOS
  • ETH
  • USDT

上場しているCardano銘柄

MEXCには、僕の推しであるCardano関連銘柄がいくつか上場しています。

中には、他の取引所にはまだ上場していない銘柄もあるので、Cardano推しの方は口座開設しておくべき取引所だと思います。

  • ADA
  • OCC
  • CW
  • THEOS
  • DHP
  • WNT(NEW)

他にもCardano関連銘柄上場しておりましたら、お知らせいただけるとうれしいです。

豪華な新規登録キャンペーン中

MEXCでは、新規登録+取引で、最大170ドル受け取れるキャンペーンを開催中です。

まだ口座未開設の方は、お得に始めるチャンスです。

  1. 取引手数料の割引:紹介リンクからMEXCに新規登録したユーザーは、取引手数料の10%還元が受けられます。
  2. 初回取引報酬:キャンペーン期間中、入金額が100USDT以上、取引高が500USDT以上のユーザーは、20USDT相当のBTCを受け取ることができます。
  3. 入金総額報酬:キャンペーン期間中、1,000USDTの入金額で50USDT相当の先物体験金を受け取ることができます。
  4. 先物取引報酬:キャンペーン期間中、先物取引高が5,000USDTを超えたユーザーは、さらに100USDT相当の先物体験金を受け取ることができます。
  5. 合計500ドルのボーナスを抽選:キャンペーン期間中、②の条件を満たした全てのユーザーの中から5名を選び、一人当たり200ドル相当のBTCを抽選します。

まとめ

暗号資産取引所MEXCいかがでしたでしょうか?

独自トークンMXは、無料でトークンを受け取れたり、取引手数料が割引になったりとかなりお得なので、口座開設した際には選択肢の一つとして参考にしてみてください。

また、個人的にですが、Cardano関連銘柄もちょくちょく上場しているので、Cardano推しの方には、ぜひ口座開設しておいてほしい取引所です。

海外の取引所は敷居が高いという方も、言語を日本語にすることもできるので、扱いやすい取引所かと思います。

ぜひチャレンジしてみてください。

 

こちらから登録できます↓

その他のおすすめ取引所は以下の記事にまとめております。

ABOUT ME
Shota
Shota
2017年末から暗号資産に投資してます。 推し通貨はADA(Cardano)です。 主に暗号資産について情報発信していきますので、よろしくお願いします。