取引所

暗号資産取引所【OKEx】について解説!利率の高いステーキングに注目!

OKEx

みなさんは、OKExという暗号資産取引所をご存じでしょうか?

日本人はあまり使っているイメージがありませんが、世界的に見るとかなり人気で、魅力たっぷりの取引所ですのでご紹介します。

 

登録はこちらから↓

OKEx登録

OKExとは

OKExは、2014年に設立された暗号資産取引所です。

中国のオーケーグループが運営しており、Binance・Huobiに並ぶ、中国三大取引所と呼ばれています。

コインマーケットキャップでも常に上位に位置しており、信頼感のある取引所です。

OKExの特徴

OKExには、以下のような特徴があります。

ステーキング利率が高い

OKExのステーキングは、利率が高いものが多いです。

記事執筆時点では、たった5日間のロックで、SOLが62%、AVAXが102%、MATICが123%など、他の取引所ではなかなか見たことのない利率でステーキングが行えます。

取り扱い通貨が豊富

OKExでは、2021/12/16時点で300種類以上の暗号資産が取引可能です。

日本の取引所では、せいぜい10種類前後なので、比較するとかなり多く、それだけ有望な通貨に出会う確率が高まります。

独自トークンOKBに保有メリットがある

OKExは、独自トークンOKBを発行しています。

ユーザーは、OKBを保有することで以下のようなメリットを享受できます。

  • OKExでの取引手数料が最大40%割引
  • 新規上場銘柄の投票など、ガバナンスへの関与が可能
  • 取引所全体の取引手数料の50%がOKB保有者に還元される

さらにOKExでは、手数料収入の30%を使用し、3か月毎にOKBをBurn(使用不可の状態にすること)しています。

Burnすることで通貨の流通量を減らし、希少価値を上げることに繋がります。

仕組みはBinanceのBNBに非常に似ており、OKBもBNB同様に価格の高騰が期待されます。

流動性が高い

OKExは1日の取引高が大きいため、かなり流動性が高いです。

このため、売買注文が通りやすく、ユーザーにとってはかなり使いやすい環境にあると思います。

口座開設が簡単

OKExは、他の海外取引所と同様、メールアドレスがあれば簡単に口座開設できます。

口座開設後、必要に応じてKYCを行えばよいので、口座開設時の煩わしい作業が必要ありません。

まとめ

この記事では、暗号資産取引所OKExをご紹介しました。

この先、Binanceクラスの暗号資産取引所に成長できれば、独自トークンOKBの価格高騰も期待できます。

個人的には、ステーキングに魅力を感じていて、ぜひ試してみたいなと思いました。

気になった方は、ぜひOKExの口座開設をご検討ください。

 

こちらから口座開設できます↓

OKEx口座開設

 

ABOUT ME
Shota
Shota
2017年末から暗号資産に投資してます。 推し通貨はADA(Cardano)です。 主に暗号資産について情報発信していきますので、よろしくお願いします。