生活

高齢者による悲惨な交通事故がまたしても・・・アクセルが戻らなかった?

交通事故

2019年4月19日昼すぎ、東京都豊島区で80代男性が運転していた乗用車による悲惨な交通事故が発生しました。

 

高齢者による交通事故が多発しており、高齢者の運転への厳しい目と免許返納への流れが強くなると思われます。




交通事故概要

19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋の交差点近くで、プリウスを運転していた87歳男性が横断歩道を渡っていた歩行者を次々にはねた後、ごみ収集車に衝突しました。

 

警視庁によると、自転車に乗っていた30代女性と女性の娘の3歳の女の子が亡くなり、40~90代の男女8人が重軽傷を負いました。

 

男性が運転する車は、事故の直前に歩道と車道の間にある金属製の柵に接触し暴走をし始めたといいます。

 

猛スピードで横断歩道に突っ込み、2つの横断歩道にまたがって人をはね、ごみ収集車と衝突後、対向してきたトラックと衝突して停車しました。

 

男性は、「アクセルが戻らなくなった」と話しているようですが、現場にはブレーキをかけた跡がなく、男性の過失は明らかだと思われます。

早めの免許返納を!

今回の事故を知って一番に感じたのは、高齢者の免許返納は早めにしておかないと、とんでもない事故を引き起こしてしまうということです。

 

おそらく本人はまだまだ大丈夫と思っているのでしょうが、周りから見ていると危なっかしい場面が多々あります。

 

車がないと移動手段がないなどの住環境の問題もあり、なかなか免許返納ができないという方も多いと思います。

しかし、このような事故を起こしてからでは遅いのです。

今は、買い物なら注文して家に届けてもらうことも可能な時代です。

 

「自分は大丈夫、あのような事故は起こさない。」

その思い込みが重大な事故を引き起こすかもしれません。

家族や周りの人としっかり相談し、免許返納を考えてみてください。

 

僕も祖父母と話し合い、免許返納をそろそろ考えるように勧めてみようと思います。

ABOUT ME
Shota
Shota
GIGAPOSICOINプロジェクトの運営の一人として活動させていただいています。 仮想通貨盛り上がるといいな(≧▽≦)