生活

あおり運転への対策と心構え

ドライブレコーダー

あおり運転。

 

よく耳にする言葉になりました。

最近でもあおり運転が原因で、大変な事件になってしまったことは記憶に新しいかと思います。

 

あおり運転は誰もが突然遭遇する可能性があります。

いつあおり運転に遭遇しても落ち着いて対処できるように、もしものための対策を考えていきましょう。




あおり運転への対策

日頃からあおり運転への対策を行っておくことは重要です。

 

対策を行うことで、あおり運転に遭遇する可能性を減らすことができますし、万が一遭遇したとしても、落ち着いて対処することができます。

 

あおり運転に効果的な対策にはどのようなものがあるのでしょうか?

1. ドライブレコーダー

まず、あおり運転に巻き込まれてしまった時のための対策として、ドライブレコーダーがあります。

 

ドライブレコーダーを車に設置し録画しておくことで、あおり運転を摘発する証拠になりますし、あおり運転の加害者が車を降りてきた時もドライブレコーダーがあることを伝えることで、引き下がる可能性が高いかと思います。

 

自分や家族の身を守るためにもドライブレコーダーは必ず用意しておきましょう。

安いものではAmazonで2,000円弱から、しっかりしたドライブレコーダーなら30,000円を超えるドライブレコーダーもあるようです。

 

いざという時は、いつ来るかわかりません。

あおり運転対策の第一歩であるドライブレコーダーの購入を検討してみてください。


2. ステッカー

ドライブレコーダーはあおり運転に遭遇した後に役立つ対策です。

では、あおり運転に遭遇しないための対策はあるのでしょうか?

 

もちろんあります。

あおり運転にあわないために効果が期待できるのが、ステッカーです。

以下のようなステッカーになります。

実際にドライブレコーダーを設置していなくても、ドライブレコーダー録画中のステッカーを貼っているだけで、間違いなくあおり運転に遭遇する確率は抑えられると思います。

 

値段もドライブレコーダーより格段に安いので、応急処置として選択するのもありです。

 

Amazonでも様々なステッカーが出品されています。


Exproud製 後方録画中 オレンジM マグネット ステッカー 20x5cm Mサイズ ドライブレコーダー搭載車両 あおり運転対策M

あおり運転に対する心構え

次に、あおり運転に遭遇してしまった時にどう対処するか日頃から考えておくことも大切です。

 

もしもの時どのように対処すればよいのでしょうか?

 

大切なのは以下の3点です。

  1. 安全な場所に車を停める
  2. 車から絶対に出ない
  3. 警察に通報する

 

まず一番に考えるべきは、一刻も早く安全な場所に車を停めることです。

あおり運転に遭遇して慌てたり、イライラした状態で運転することは非常に危険です。

とにかく安全な場所を見つけて車を停めましょう。

 

そして停めた後は、絶対に車の外に出ないことです。

あおり運転をした側は、おそらく怒りにまかせて危険運転を行い、落ち着いて話ができる状態ではないはずです。

わざわざそんな危険なところに出ていく必要はありません。

とにかく自身と家族の安全を最優先しましょう。

 

最後に警察に通報します。

通報し終えたら、警察が駆け付けるまでとにかく我慢です。

 

たとえ車を傷つけられても、命が一番大切です!

証拠はドライブレコーダーにばっちり録画しているので、修理代は後でしっかり請求しましょう。

命は一度失うと取り戻せません。

最優先に考えましょう。



さいごに

ここまで、あおり運転への対策と心構えを考えてきました。

 

あおり運転に巻き込まれないのが一番ですが、もしもの事態は起こります。

そのもしもの時のために、今できることは準備しておきましょう。

 

ABOUT ME
Shota
Shota
GIGAPOSICOINプロジェクトの運営の一人として活動させていただいています。 仮想通貨盛り上がるといいな(≧▽≦)