生活

会話を弾ませるコツ!これであなたも会話に困らない

Shotaアイコン

みなさんは、会話に困ったことはありませんか?

 

会話は人とのコミュニケーションを図るための大切なスキルです。

 

このスキルを身に付けられれば、普段の生活、ビジネスなど様々な場面で活かすことができます。

では、一緒に会話を弾ませるスキルを身に付けていきましょう。




聞く力を身に付ける

会話と聞くと、やはり話すことに目が行きがちですが、同じぐらいあるいはそれ以上に聞く力は大切だと僕は考えています。

 

会話は「気持ちのキャッチボール」です。

投げる側がいれば、受け取る側も必要なのです。

 

話すことが苦手な人も、聞くことから始めることで会話スキルの向上に入りやすいと思いますし、会話の上手な人の話し方をしっかり聞くことで、新たな学びもあるかと思います。

相手の気持ちを受け止める

話を聞くというのは、相手の気持ちを受け止めるということです。

 

相手が自分に何を伝えたいのかを汲み取らないといけません。

 

そのために必要なのは、「すぐに返事をしない」ということです。

 

これだけ聞くと、「?」となるかもしれませんが、重要なことです。

 

例えば、相手があなたに話しかけてきたとします。

その時に会話を続けないといけないとあせり、質問を次々にしてしまう人をたまにみかけます。

会話を続けようとする努力は素晴らしいと思いますが、少し考えてみてください。

 

相手は、何かをあなたに伝えたくて話かけてきたのです。

あなたが質問をしている間は、相手が話したいその何かを話せない時間が続きます。

 

これは、相手にとって喜ばしいことでしょうか?

 

せっかく相手が話しかけてくれているのですから、まずは相手が話したいことが分かるまでは、相手の話を聞くことに集中しましょう

 

そのうえで相手の感情を読み取り、同調するだけでかなり話が弾むようになるかと思います。

質問するのは、そのあとでも決して遅くはありません。

相手に伝わるようなリアクションを

相手の話したいことを聞き漏らさないことは重要ですが、そちらに集中しすぎて無反応で聞くことはやめましょう。

 

リアクションがないと話している側は、「興味がないのかな」や「つまらないのかな」と不安になってしまいます。

 

大げさすぎるリアクションはマイナスですが、相手に聞いていることが伝わるような聞き方を心がけましょう。

共感するポイントをつかむ

相手が話をしている時は、あなたに共感してほしいポイントがあることが多いです。

 

そのポイントをしっかりとつかみ、共感することができれば、話し手はあなたにポジティブな印象を持つでしょう。

 

逆に共感のポイントがずれてしまうと、相手もその先を話しづらくなってしまいます。

 

相手の共感ポイントをつかむためには、相手が話すときの表情や身ぶり手ぶり・声のトーンなどに注意します。

 

人は話すとき、感情が表に出てきます。

その様子を観察していれば、相手の共感ポイントを見逃すことも少なくなります。

 

例えば、表情であればにこやかな表情や暗い感じ。

声のトーンであれば元気なトーンか沈んだトーンか。

このようなざっくりした読み取りで十分です。

 

相手から受ける印象から、相手がどういう感情でどう共感してほしいのかを読み取れるように普段の会話から練習してみてください。

話題選びのコツ

では、次に話す側のポイントを見ていきましょう。

 

まずは話題選びです。

日常で感じた恥ずかしいシーンを話題に

「話題って言っても、そんなネタ持ってないよ~」という方も多いと思います。

各言う僕もそうです。

大した武勇伝など持ち合わせていません。

 

ではどうするか?

実は、大した話題なんて必要ないんです。

日常あったことで十分。

 

日常で恥ずかしく感じたことや、自分はおろかだなぁと感じたことを話題にすればいいんです。

ポイントは、心の扉をオープンにすることです。

 

恥ずかしいこと、おろかなことは普通に考えるとマイナスなことです。

 

でも聞き手にとっては、そういう面を自分に話してくれるということは、相手が自分に対して心を開いてくれているのだと実感することができます。

さらに、相手の意外な一面を知ることができ、親近感を感じてもらえることにもつながります。

 

具体的な話題としては、例えば

電車でお年寄りに席を譲ったのに、丁重にお断りさせ、誰も座れない空席だけが残って、なんともいえない空気を作り出してしまったことや、

買い物でお金を払うときに、精算額以上のお金を出したつもりだったのに、足りてなくてしばらく沈黙が続いたりしたことなど、普段の生活に話のネタは隠れています。

 

こういう話題の方が、話し手もネタに困りませんし、聞き手も共感しやすいのです。

このような話題に、そのシーンに遭遇した時の気持ちを交えて話すことで、話は弾んでいくはずです。

自分がどんな人なのか分かるように話す

あなたは、お話するとき事実だけを淡々と話していませんか?

聞き手からすると、事実だけ並べられてもリアクションに困ってしまいます。

 

せっかくいい話題を持っているのに、いまいち盛り上がらずに終わってしまうかもしれません。

 

会話を盛り上げるためには、自分がどんな人か分かるように話せば、会話が盛り上がることが多いです。

 

例えば、性格。

そそっかしい人、のんびりした人、心配性な人。

いろんな人がいますよね?

 

性格特有のエピソードを交えて話してみてください。

例えば、そそっかしい人は出かける度に必ず忘れ物をしてしまう。

心配性の人は、玄関の鍵を閉めたかどうか確認するために家に戻ったことがあるなど。

 

似た性格の人であれば、共感が得られますし、違う性格であれば、性格の違いから現れる行動の違いに新鮮さや面白さを感じます。

 

あなたがどういう人なのかが伝わると、会話が弾み、同時によりよい関係性を築いていけると思います。

お天気ネタも鉄板?

よく言われるお天気の話題も効果的です。

と言っても、今日は暖かいですねぇ。というようなことではありません。

 

例えば、降水確率何%から傘を持っていく?というような話題です。

この話題も、話し手の性格がよく表れます。

 

降水確率10%でも傘を持っていく人や常にカバンに折り畳み傘を入れている人は、心配性の可能性が高いですし、出かける時間に雨が降ってなければ傘を持って行かない人は面倒くさがりと考えられます。

 

ありがちなお天気ネタも一工夫することで、立派な会話テクニックになります。

弱さやダメなところを出してみよう

完璧な人間は絶対にいません。

何かしら弱点はあるはずです。

それを会話の中で出してみましょう。

 

大人になってもお化けが怖い。

緊張するとお腹が痛くなる。

休日に1日中ダラダラしてしまう。などです。

 

自分の弱みやダメなところをさらけ出すことで相手は親しみを覚えてくれることが多いです。

それで相手も同じようにダメなところを話してくれれば会話が弾むことは間違いありません。




心を開いてもらう質問を身に付けよう

質問にも会話を弾ませるためのテクニックがあります。

では、質問のテクニックを見ていきましょう。

相手の気持ちを引き出すような質問をしてみよう

質問するときは、情報のみに注目するのではなく、相手の気持ちを引き出すような質問をしてみましょう。

 

5W1Hだけの質問だと、情報のみが答えとして返ってきます。

そうなると、その後の会話を続けるのがどんどん難しくなっていきます。

 

そこで一工夫。

質問に相手の気持ちを引き出す一言を添えてみましょう。

 

会話の内容に合わせて、

「イラっとすることもあるでしょう。」や

「楽しかったでしょう。」など

一言添えるだけで、相手の反応や返事が劇的に変わってきます。

知らない話題には秘儀「オウム返し」

人と話していると、知らないあるいはあまり興味のない話題と遭遇することも多々あります。

そんなときは、オウム返しを使います。

 

「私、○○にはまってるんです。」

「おっ! ○○ですか。」

これがオウム返しです。

 

まず、共感することで相手が話しやすい雰囲気を作ります。

そこから、適宜5W1Hの質問+相手の気持ちを引き出す一言で会話を膨らませていくことができます。

○○を始めたきっかけや、いつ始めたのかなどを質問し、追加の一言で相手の気持ちを引き出せれば、もう相手の話は止まりません。

話が途切れそうになったら?

ここまで、会話のスキルを学習してきましたが、会話が途切れそうになることはどうしてもあります。

これは仕方のないことです。

 

そのときどうするか・・・

 

こんなときも、「お天気」と「カレンダー」のネタです。

「午後から雨みたいですね。」や「今年もあと○か月ですね。」などと切り出してみましょう。

 

ただし、一言をプラスするのを忘れずに(≧▽≦)

 

「今年もあと2か月ですね。そろそろ寒くなってきましたが、もうコートがボロボロなので買い替えなきゃ。」という風に、少し自虐ネタ・貧乏ネタを交えて心を開いて見せることで、話を広げてみましょう。

さいごに

いかがだったでしょうか?

 

会話のスキルには、ご紹介した以外にも様々なものがあると思います。

話題だけでなく、アイコンタクトや相手が話やすい間を作るなど、雰囲気作りも大切です。

 

この記事が、会話が苦手な方やもっとうまく話せるようになりたいと思っている方の会話スキルの向上に少しでも役立てばと思います。

 

僕もまだまだ勉強中の身なので、他にもこんな方法があるよ。などありましたら、コメント等で教えていただければと思います。

 

ABOUT ME
Shota
Shota
GIGAPOSICOINプロジェクトの運営の一人として活動させていただいています。 仮想通貨盛り上がるといいな(≧▽≦)