投資

もし1億円があったら ~ 自分に合った最適な投資を考える ~

お金の計算

もし1億円があったら・・・

 

みなさん1度は考えたことありますよね。

僕は毎日考えてます(笑)

 

今回は、僕の目的・目標に合った1億円の運用方法について考えたいと思います。




前提条件

前提条件として、僕は社会人で会社勤め中ですが、1億円が手に入ったら仕事を辞めることを前提とします。

 

20代男性、寂しい独身(彼女なし)。

仕事を辞めた後は、しばらく実家暮らしとします。

 

書いてて悲しくなってきた( ;∀;)

何に投資するか考える

前提条件として仕事を辞めるということなので、必要最低限度の安定した収入を確保する必要があります。

 

僕の実家は田舎なので、年間200万円あればなんとか生活できます。

実家暮らしが条件ですし…(-∀-)ボソッ…

 

ですので、年間200万円を安定的に得られる収入源を確保する必要があります。

 

国債での運用は?

「安定している投資」と考えて1番に思い付いたのが、国債です。

もちろん、日本の国債では年間200万円を確保するのは、元手1億円では不可能です。

 

となると、目を向けるのは海外の国債です。

 

海外の国債は日本の国債に比べ、かなりの高金利が設定されています。

 

高金利と聞いて真っ先に思い浮かぶのはトルコ・・・。

調べてみると、1年国債で年利18%を超えていました。

 

しかし、トルコは情勢が安定せず、アメリカとの関係もうまくいっていません。

18%は魅力的ですが、生活費を稼ぐ手段としてはリスキーすぎます。

 

そこで、前から友人との間で話題になっていたニュージーランドの国債を調べてみました。

ニュージーランドの国債は、投資適格格付で最も高い格付である「Aaa」を獲得しています。

安心感では、最高評価と言えます。

 

では、年利は・・・。

友人の話では、5%と聞いていました。

 

えっ、2.6%?

 

1億円あっても、年間260万円。

・・・

・・・

 

アメリカやオーストラリアも似たような金利でした。

 

一応目標金額には到達してますが、手元に現金がないと不安ですし、もう少し効率よく投資したいところです。

 

日本円建てではなく、外貨建ての国債にすればもう少し利回りが期待できるのかもしれませんが、ここでふと思いました。

 

別に国債にこだわる必要はないのでは?

 

そこで考えたのが、FXです!!!

FXなら年利5%も可能

FXは危ないと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

確かに、FXは運用の仕方次第で危ない投資になりえます。

しかし、運用の仕方を間違えなければ、低リスクで安定した収入を得られる可能性があります。

 

FXには、国債で言うと金利に当たる「スワップ」というものがあります。

 

このスワップを利用して机上の運用してみます。

 

FXのスワップ運用の条件

  1. レバレッジは2倍
  2. FXで運用する金額と同額を運用せずプールしておく

レバレッジとは、投資金額以上の金額を運用できる仕組みです。

通常、10万円を投資すると当然10万円を運用することになります。

 

その10万円に2倍のレバレッジをかけると、20万円を運用しているのと同じ効果があります。

つまり、レバレッジをかけない運用と比較して、利益が倍になるということです。

 

FXが危ないと言われるのは、このレバレッジを上げ過ぎてしまうことが大きな要因です。

レバレッジを味方につけさえすれば、この上ない味方となってくれるのです。

 

今回のルールでは、基本的に2倍のレバレッジを使用します。

これは、FXでドル円を100円で買うと、約50円になったときに残高がなくなることを意味します。

 

ドル円50円なんて見たことがありませんよね?

ただ、100%ないとは言えません。

 

この部分を補完するために投資金額と同額をプールしておくのです。

 

勘の良い方ならもうお気づきかもしれませんが、ドル円が万が一、50円付近まで落ちた時、プールしている金額をFXの口座に移すことで、ドル円が0円になるまで残高がキープされる状態にできるのです。

お金イメージ

運用方法

  1. できる限り円高のレートでレバレッジ2倍でドル円を購入。
  2. レバレッジ2倍をキープするように日々のスワップ金利で買い増し。

最初のドル円の買いですが、以下の式に従って運用を始めます。

入金金額 ÷ (現在のレート ÷ 2)

これで、ドル円50円付近までは残高の心配はいりません。(含み損はあるでしょうが・・)

 

次に、以下の式に従って1日1回入るスワップ金利を利用してドル円を買い増しします。

スワップ金利 ÷ (現在のレート ÷ 2)

 

運用例

1億円のうち、4000万円をFX口座に入金します。

 

記事執筆時点のドル円のレートは109円前後です。

 

運用方法の式に当てはめると、

40,000,000 ÷ (109 ÷ 2) = 733,944

となります。

より安全にということで、小数点以下は切り捨てます。

 

自分が普段使っているFX会社のドル円のスワップ金利は、記事執筆時点で1万通貨あたり78.57円です。

つまり、1日約5,766のスワップ金利が得られます。

 

単純に1年分を計算すると、

5,766 × 365 = 2,104,590円

となります。

 

年利を計算すると、5.26%です。

悪くないですね。

 

さらに、毎日入るスワップ金利も投資に回すので、年利はさらに上がっていきます。

 

ただ、仕事を辞めるのが前提条件なので、生活費をここから出す必要があります。

よほど切り詰めないと複利運用は難しいかもしれません。

 

FX会社によっては決済しないとスワップ金利が引き出せない会社もありますので、FX会社の選択は重要です。

 

残りのお金は?

FX入金額 + プール金で8000万円。

残り2000万円はどこに投資すべきか。

 

僕は、まず1000万円をトルコ円のFXに投資します。

ただ、トルコ円は変動が激しいので、ドル円の運用とは違い初めからレバレッジ1倍で運用します。

 

執筆時点のトルコ円のレートは20円ほどで、スワップ金利は1万通貨あたり102円です。

1000万円で50万通貨買えるので、1日のスワップ金利は5,100円です。

 

1年間で計算すると、

5,100 × 365 = 1,861,500円

となります。

 

生活費はドル円で賄うので、トルコ円のスワップ金利は全て複利運用に回します。

 

この時点で、複利運用を除いても年収は3,966,090円です。

予想以上に十分すぎます(笑)

 

 

では残りの1000万円。

これは、迷わず仮想通貨に投資します。

 

仮想通貨界は今冷え込んでますが、僕は全くあきらめていません。

買う銘柄は・・・秘密です(笑)

さいごに

ここまで、果てしない頭お花畑の運用をお伝えしてきました。

1億円がないので実践はできませんが、夢を文章に起こしてみると、ワクワクして少しでも近づこうと頑張れる気がしてきます。

 

みなさんも、息抜きがてら1億円あったらどうするか考えてみては?

 

ABOUT ME
Shota
Shota
GIGAPOSICOINプロジェクトの運営の一人として活動させていただいています。 仮想通貨盛り上がるといいな(≧▽≦)