野球

松原聖弥 – 巨人期待の若手⑥

Shotaアイコン

少しずつ気温も上がってきて春が近づいてきました。

春と言えば・・・そう、野球です(笑)

ここまで巨人の期待若手選手を5人紹介してきました。

今回で6人目となります。

 

第6弾は、育成からの下克上を目指す、松原聖弥選手です。




プロフィール

名前:松原 聖弥

出身地:大阪府大阪市

出身校:仙台育英学園高等学校 ⇒ 明星大学

生年月日:1995/01/26

身長:173cm

体重:72kg

投打:右投左打

ポジション:外野手

背番号:009 ⇒ 59

公式戦成績

1軍での成績はありません。

育成から下克上を目指すダイヤの原石

高校時代は無名の選手も、大学で大きく成長

今でこそ巨人の支配下選手となった松原聖弥選手ですが、高校時代は全く無名の選手でした。

 

高校野球の名門、仙台育英高校に在籍するも、甲子園に出場した3年夏はベンチ外。

ところがその後明星大学に進学し、急成長を遂げたのです。

大学2年の春から5季連続でベストナインを獲得するなど大活躍を見せました。

 

その成長・活躍がスカウトの目にとまり、2016年のドラフト会議で育成5巡目で巨人から指名を受け、晴れてプロ野球選手として歩み始めました。

 

育成選手はアマチュア時代は無名の選手が多いです。

だからこそ、僕は育成選手への応援熱が自然と高まってしまいます(*^▽^*)


着実に結果を残し、プロ2年目で支配下選手へ

松原聖弥選手は、プロ入り2年間で着実に結果を残してきました。

 

まず1年目。

2軍ではノーヒットに終わりましたが、主に3軍で活躍し、100試合の出場で131安打を放ち、打率.3321本塁打45盗塁と素晴らしい成績を残しました。

 

続く2年目。

主戦場を2軍に移し、117試合の出場で134安打打率.31624盗塁を記録しました。

その活躍が認められ、2018年7月30日に見事支配下選手に登録されました。

 

ここまで見てくると分かるように、松原選手の特徴は打率3割を残すバッティングセンスとキャッチャーも恐れる俊足です。

 

育成出身で俊足・・・

巨人ファンなら誰もがあの選手を思い浮かべると思います。

現ファーム外野守備走塁コーチの松本哲也コーチです。

 

僕は、松原選手は松本コーチを超えるのではないかとすら思っています。

 

50m5.8秒の俊足で、原監督に「天才的」とまで言わせたバッティングセンス。

もう楽しみで仕方ありません(*^-^*)

待ちに待った1軍デビューなるか

まさにダイヤの原石とも言える松原聖弥選手。

2019年春季キャンプも初めは1軍でキャンプを行っていました。

 

しかし、先日の入れ替えで2軍のキャンプへ参加となりました。

とはいえまだ開幕1軍のチャンスがなくなったわけではありません。

 

しっかりとアピールし、再び1軍に昇格できるよう頑張ってほしいですね。

いざ育成の星へ・・・

 

松原聖弥選手の挑戦はまだ始まったばかりです(*^▽^*)

 

その他の選手の紹介はこちらへ

Shotaアイコン
巨人選手紹介まとめ20192019年度の巨人選手紹介のまとめページです。 不定期に紹介していく予定ですが、見ていってくださいね。 選手紹介 ht...
ABOUT ME
Shota
Shota
GIGAPOSICOINプロジェクトの運営の一人として活動させていただいています。 仮想通貨盛り上がるといいな(≧▽≦)